Tourism観光事業

観光事業への取り組み

グループ会社である(株)マリーナホッププロパティでは、広島市の大型商業施設「広島マリーナホップ」の管理運営を行っています。この施設は開業以降、何度も運営会社が変わり、経営難に陥っていましたが、2012年よりグループで運営を引き継ぎ、施設の再建を果たすことに成功しました。

「マリーナホップ」では、広島市の観光拠点化を目指し、宮島への定期航路の運航、広島市唯一となる商業施設内水族館の建設、広島県内の特産品が揃うお土産処の設置等を行っています。また、旅行雑誌「るるぶ」との連携で旅を誘発する「マリホフードホール」も新たにオープンし、マリーナホップをハブ拠点とした観光プランを積極的に計画しています。

今後は、マリーナホップで培ったノウハウや実績を活かし、観光施設をはじめとする新たな施設管理に挑戦していきたいと考えています。

マリーナホップHP>>http://www.marinahop.com/

「風の国」の運営開始

2019年4月、島根県江津市の温泉リゾート「風の国」の事業譲渡を受けるにあたり、当社では観光事業を本格的に始動することになりました。

「風の国」は1995年に江津市(合併前の旧桜江町)が開業した施設で、宿泊・温泉・公園・観光体験等の機能が揃う複合型の観光施設です。しかし、利用者数の減少等の問題で経営難が続き、この度、江津市から民間企業である当社に施設を譲渡することが決定しました。

これまで、指定管理では数多くの実績がありましたが、観光施設の事業譲渡というのは当社にとっても新たな挑戦といえます。観光事業を会社全体で積極展開していくためにも、今後、「風の国」を開業当初のような賑わい・活気を取り戻し、魅力あふれる観光拠点として生まれ変わらせていきたいと考えています。

風の国HP>>https://www.kazenokuni.jp/