今年、6人の方が社長賞を受賞しました

 
  今年、6人の方が社長賞を受賞しました
  当社では、善行功労者などを対象にした社長賞制度を実施しています。今年、5人の方々がその受賞の栄誉に輝きました。

 

右 三好 一雄さん
  ■三好一雄さん/ハウスバーンフリート平和大通り弐番館
■受賞月  21年1月
■受賞の理由
 1月16日11時頃、三好一雄職員が管理員として勤務していたとき、マンション前で自動車(Aさん)とバイクの出会い頭事故が発生しました。
 三好職員は動揺するAさんを落ち着かせ、救急車、警察の手配をするとともに、オイル漏れをしている車両を遠ざけました。その後、警察で目撃者として状況説明をしましたが、幸いバイク運転者は軽傷ですみました。当日の夕方、Aさんから会社に感謝の連絡がありました。
     

中央 伊藤和充さん
  ■伊藤和充さん/NBF広島立町ビル
■受賞月  21年7月
■受賞の理由
 7月3日、NBF広島立町ビルで清掃を担当している伊藤和充職員が、契約先の株式会社アサヒファシリティズから「優秀協力者賞」を受賞しました。
 3年前、NBF広島立町ビルのオーナーが利用者の満足度アンケート調査をしたとき、当社の清掃業務の評価が非常に低く、アサヒファシリティズより強い品質改善要求がありました。そこで、当社では現場改革要員として伊藤和充職員を配属したところ、品質が着実に改善され、満足度アンケートで高い評価を受けるようになり、「優秀協力者賞」を受賞しました。その功績を讃え、伊藤和充職員に社長賞が贈られました。
     

左 富安武司さん
  ■冨安武司さん/広島市森林公園
■受賞月  21年7月
■受賞の理由
 森林公園に来園された方から、当社に1通の手紙がきました。手紙の趣旨は次のとおりで、感謝の気持ちが溢れていました。
『子どもと2人でバスで来園しました。帰るとき、17時を過ぎたので、公園から4K離れたバス停まで、歩かなければいけないと思っていました。そのとき、親切な職員さんが車でバス停まで送ってくださったのです。たいへん感激しました。心よりお礼申し上げます』
 親切な職員さんは冨安武司さんで、その行為を讃え社長賞が贈られました。
     

左 谷一夫さん
右 田中良一さん
  ■谷一夫さん&田中良一さん
■受賞月  21年11月
■受賞の理由
 あるマンションの理事長から、当社の谷一夫職員が次のような指示を受けました。「このダンボール箱が、長い間放置されているので廃棄してほしい」
 谷職員は、本社に持ち帰り中身を確認したところ、大量の古い写真が出てきました。個人情報であり、大切な写真かも知れないので、持主の調査を田中良一職員に依頼しました。田中職員はダンボールの中を綿密に調べたところ、氏名と電話番号が書かれたリストを発見しました。その中の家族に連絡したところ、ぜひ見たいと言われたので持参すると、たいへん懐かしがられ感謝されました。
 谷一夫職員と田中良一職員の適切で善意のある行為に対して、社長賞が贈られました。
     

中澤仁美さん
  ■中澤仁美さん
■受賞月  21年11月
■受賞の理由
 広島総合病院では、現在、インフルエンザの患者が入院されています。病院からは「いつものインフルエンザと変わりありません。従来どおりの方法で清掃してください」と指示されました。当然のことですが、作業員の中には最近の過熱した報道のため過敏になっている者もいました。
 こうした中で、中澤仁美さんは所長という責任感から、不平不満を言わず普段どおり清掃にあたっており、病院からも評価されています。
中澤所長の責任ある行為を讃え、社長賞が贈られました。
   
ページの先頭へ