指定管理者制度物件を受注

   
  指定管理者制度物件を受注
2006年4月
  指定管理者制度とは?
民間のノウハウや発想を活用する目的で、地方自治法の改正により創設されました。             
その結果、これまで公の施設の管理実施者は、公共的団体や公益法人等(外郭団体)に限られていましたが、民間事業者等まで拡大されました。             
制度の推進により、サービスの向上と経費の縮減が期待されています。             
ページの先頭へ