指定管理者物件の管理・運営

 

中四国で指定管理者物件を最も多く管理運営している

民間会社の一社です。

 

県や市・町など地方自治体や地方公共団体が建設した公営住宅を、低所得者向けに賃貸しています。入退去の管理から、家賃管理、修繕業務を行い、お客様が安心・安全・快適に生活が送れるよう管理・運営しています。今後も第一ビルサービスの中核の一つとして、10年後に見越した運営を目指しています。(所属社員80名)

 

 


 

公営住宅事業部 大段壮史の1日

 

始業前 【朝の準備を万全にして1日の業務開始】

 

出社後、1日のスケジュールを確認して、スムーズに仕事が行えるよう必要な準備をします。

毎朝事務所全員で朝礼を行い、その後、チームでミーティングを行います。

 

 

 

 

午前中 【社内で事務処理】

 

午前中は事務所で主に事務処理を中心に行います。

私の所属するチームは、主に“家賃”に関する業務をしています。

公営住宅は1世帯ごとに家賃が異なるため、その世帯に合った家賃の算定・審査を行ったり、家賃の収納状況の確認等行います。

その他に、公営住宅にお住まいの方が訪問されることがあるので、その対応を行います。

 

 

午後 【物件巡回】

 

午後からは必要があるときは担当の管理物件を巡回します。

公営住宅にお住まいの方と直接会ってお話をします。

その他には、事務所には毎日たくさんの電話がかかってきますので、その電話対応に午後の時間をついやすこともしばしば・・・

 

 

 

 

 

 

 

終業前 【1日のまとめ】

 

本日の業務内容を日報に入力し、机の上を整理して、明日の予定を確認して、業務を終了します。

今日は同期とカープの応援へ!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

学生のみなさんへ

 

今、就職活動をされているみなさんの中には、「自分は何がしたいのだろうか」「夢ってなんだろう」「自分に合った仕事はあるだろうか」等、様々な悩みを抱えている方がいると思います。

確かに自分の将来を短期間で決めるのはすごく難しい事だと思います。反対に、この短期間でやりたい事が見つかれば、それは一生をかけてやりたい事だと思います!

仕事には向き・不向きがあるとは思いますが、まずはやりたい事を見つけ、その夢に向かって限りなくチャレンジする事!!これが夢を実現させる第一歩だと思います。

頑張ってください!!

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ