歩いて見える50人の夢

-第51期Aグループ体験研修-

 
◆研修のあらまし

1 目的

 ①    地場を知る

 ②    歩くことでみえるものを探す

 ③    自分たちの意識・夢に向き合う

     みどりグループの地場である、中国地方・

        からの自らの視野・可能性を広げる。

2 日程

 平成25年9月4日(水)~9月10日(火) 計7日間

3 チーム編成

  【岡山出発チーム】

    今田、吉田、宮内(チームリーダー)

  【松山出発チーム】

    松岡、村上、松川(チームリーダー)

 

 

 50人の夢を紡ぐパッチワーク制作

 50人の夢「あなたの夢はなんですか?

1 概要

 研修行程(岡山~尾道、松山~尾道、尾道~三次~松江~呉、呉~広島)で出逢った人50人にインタビューをし、例えば「清掃への要望」、「こんな商業施設があったらいいな」、「介護サービスについての認識」、「期待する給食サービス」等、みどりグループの事業内容に関したことなどについて聞き、最後に「夢」をうかがう。

2 目的

 みどりグループの地場である、中国地方・四国地方で生活されている方、仕事をされている方のニーズを探り、Aグループメンバーの視野を広げる。

3 制作

 50名一人ひとりの夢を、布に書いていただく。(布は事前に準備)

 体験研修(9/4~9/10)終了後、布を縫い合わせ、グループマークを制作。

 

◆研修メンバー

  ・業務管理部       松山(リーダー・松山チームリーダー)

  ・ビル事業部         宮内(岡山チームリーダー)

  ・業務管理本部        村上 

  ・業務管理本部        吉田

  ・エポカケアサービス     今田

  ・エポカケアサービス     松岡 

  ・吉谷            川添

 

◆研修報告

1日目 9月4日 

 <岡山チーム 岡山~倉敷>

 ・午前中は台風の影響もあって雨風がひどい。その影響でとても寒く体力が奪われた。雨対策が不十分なことを反省。

 ・7名の方とインタビュー。夢を語る皆さんの表情は豊かだった。

 ・初日から足の皮がずるむげ。

 <松山チーム 松山~北条> 

 ・大雨強風のなかでの歩行は辛かった。

 ・メンバー2人が体調を崩す。

 ・左ひざが痛い。

 ・雨宿りしていた方に話を伺う。

 

2日目 9月5日

 <岡山チーム 倉敷~浅口>

 ・快晴。

 ・足が悲鳴をあげる。

 ・今日は地元の人から声をかけられることが多かった。

 ・話しを聞くと疲れが吹き飛んだ。

 ・お菓子屋のお母さんに優しくされたのが印象に残った。素敵な笑顔に癒される。

 ・おじいさんの夢は、「マスカットドームの近くに家を建てたい」。

 <松山チーム 北条~今治>

 ・照りつける日差しがきつい。

 ・膝の痛みが再発。吐き気がしてくる。 

 ・海岸は歩いている人が少なくインタビューが難しい。

 ・インタビューは元気な午前中に行う。

 

3日目 9月6日

 <岡山チーム 浅口~笠岡>

 ・歩くだけではしんどいので、楽しみを見つけながら歩くことにする。

 ・みんなで歌いながら歩く。

 ・寝ているとき湿布をしたので楽になったが、膝の痛みが再発、みんなのペースに合わせられなくなった。

 ・大島

街づくり協議会という施設でコーヒーをいただき感激。

 <松山チーム 今治~伯方島 ・一期一会の大切さを教えてもらう。

 ・ドラッグストアでサポーターを取り替えたら足の痛みがなくなった。 

 ・マメがつぶれて歩きやすくなろつた。

 ・土地柄や観光資源の話を伺った。

 

4日目 9月7日

 <岡山チーム 笠岡~福山>

 ・今日は長いルートだったので、みんな疲れが出ていた。こんなとき、みんなを気遣うことのできる人間になりたい。

 ・道中にコンビニがなく食事をするのに苦労する。ようやく見つけた売店のお母さんがみんなに一つずつゼリーを下さった。その優しさが心にしみた。

 ・疲れと体調不良で頭がぼーとする。

 ・疲れのため、メンバー間で衝突する。相手の気持ちを汲まなかったことを反省。

 <松山チーム 伯方島~因島>

 ・足に疲労がたまり、関節が痛む。痛みとの戦い。

 ・島によって、生活の仕方が異なることが分かった.

 ・協調性のない自分を反省する。

 ・地域の人たちが本気で街づくりを考えていることがわかった。

5日目 9月8日

 <岡山チーム 福山~尾道>

 ・今日は若い人とインタビューをした。

 ・インタビューを通じて家族の大切さを知る。

 ・海鮮丼のお店の店長さんが「人を喜ばせたいから料理を作る。それで満足」

 ・コーラス、畑、庭、グランドゴルフをやっているおばあちゃんに会う。

 <松山チーム 因島~尾道>

 ・岡山チームと合流する。

 ・行き合った人から栄養ドリンクを差し入れてもらう。

 

6日目 9月9日

 ・今日からは岡山チームと松山チームが合流する。

 ・尾道、三次、松江、呉間をレンタカーで移動する。

 ・呉では、都会地のためインタビューが難しかった。みんなで突撃インタビューをする。

 ・高校生に夢を聞くと、「数学の教師になりたい」「バスケの選手になりたい」。

 

7日目 9月10日


 ・呉市から広島市まで歩く。

 ・距離が長いのでへとへとになる。

 ・インタビューは最後に3人行い50人を達成する。

 ・7人で歩くというだけで気分が軽くなった。

 

◆研修から得たもの

 ・歩くことで、見えないものがたくさん見えてきた。

 ・メンバー間の声掛けや気遣いの大切がわかった。

 ・地元の人たちとの心の交流ができた。

 ・出会いということの素晴らしさを知った。

 ・下手に強がるよりも、弱みを見せた方が良い。

 ・リーダーの役割の重要さ。

 ・自分と闘いながら良いチームワークづくり。

 ・家族の大切さ。

 ・7人いたからこそやり遂げられた。

 ・仲間との絆。

 ・困難なことに立ち向かう姿勢。

 

 

 

ページの先頭へ