新入社員体験研修/2003

無人島生活
~大黒神島~
 
 
 
 
 
■研修の目的
不自由な生活の中で、お互いの人間性を確かめ、団結を深める。
散乱しているゴミを片付け、島の美化に貢献する。
  ■スケジュール 
平成15年9月30日~10月3日

1日目 宇品港から大黒神島へ。草刈の後、テント張り。
2日目 手作りテント作成。魚釣りは不漁。ゴミ拾い。ゴミ焼却。
3日目 薪拾い。ゴミ拾い、ゴミ焼却魚釣り不漁。
4日目 テント解体。無人島脱出。宇品港を経て本社へ帰還。
 
 
いざ無人島へ
いざ無人島へ
 
 
1日目

ゴミにびっくり。
何じゃこりゃ大変だ!!

テントを張る場所を確保するため
まずは草刈。




ようやくテント完成!
嬉しくて男性陣は中へ
入って見ました。
 
魚釣りに挑戦
なかなか釣れず苦戦中。
 
 

やっとご飯だ~
上手く炊けるといいなあ!



 
 
2日目

手作りテント作成開始
まずは柱となる木を立て
ロープを張りめぐらせた。

ロープの上に葉っぱをのせ、
せめて気分だけでも
南国風に!
バンザァーイ!
ようやく手作りテント完成!
 
 

モリとジュノーケルを持って
やる気満々で漁にに出た2人。
しかし、何も獲れませんでした。




魚が釣れず、
白米だけの寂しい夕食。
 
  3日目  
 

ゴミがたくさん集まったぞ!

砂浜がすごくきれいになったね。
 
  4日目  
 

最後の業務連絡も終わり
後片付けをして
お迎えを来るのを待つだけだ !




来た!来た!来た!
お迎えが来たぞぉー!

祝!大黒神島脱出!




たくさんの思い出をありがとう。
もう二度と来ることはないだろう。
さらば、大黒神島!!
 
  本社に到着  
 

出迎えてくださった
社員の方々と記念撮影。
 
 

研修を終えて

無人島生活も、2日目に入ると時間がゆっくり流れるようになった。魚もとれずマイナス発想になると、青い空・青い海を眺めながら、貧乏なバカンスにきたのだと考えることにした。ゴミの収集と焼却が、活動にめりはりをつけてくれたと思う。
 広島湾の沖にある島に、こんなにたくさんのゴミがあることに気が滅入った。ゴミ問題の切実さを感じる。

無人島にあるのはゴミばかり、唖然とした。食料を調達することが第一と考えていたので。釣りに没頭したが、釣れるのはほとんどがフグ。命が惜しいので食べるのは断念した。何もすることがないので、焚き火をしながらひたすら話し合う。かって人類は、こんな生活をしてきたのだろうと思った。
 研修が終わり一番感じたことは、普段の生活がいかに貴重かということだった。

想像以上のゴミに驚いた。このゴミを片付けるのかと思うとうんざりした。同時に、ゴミを捨てていった人たちに憤慨した。それでも、5人で力を合わせ頑張った結果、見違えるほど砂浜がきれいになり、充実感と達成感を感じる。一番つらかったのは、お風呂とトイレがないこと。3日目にガマンできなくなり、川で髪を洗った。
 日々の生活を見直す良い機会になったと思っている。

大黒神島は、ほとんど山林で平地は砂浜だけ。生活空間の狭さにショックを受けた。しかもゴミ、ゴミ。これからの4日が思いやられた。無人島の1日は、昼暑く夜寒い。とくに1日目の夜が冷え込み、夜中に何度も目が醒めた。日中暑い中でのゴミ処理は、体力を消耗する。なんとか清掃作業が終わったのは最終日の午前だった。
 夜になると、みんなでたわいない雑談をした。夜空を見上げ星を眺めた。流れ星には出会わなかった。
 こんな経験は、これからもないだろう。大切にしたいと思っている。

無人島へ行き、今の生活の有り難さを感じた。
 今回の目的の1つである「人間性を確かめ団結を深める」は達成できたと思う。海と山とゴミしかない場所で共同生活していくうちに、お互いに理解し合えるようになった。
 2つ目のゴミ処理は、達成できたかどうかわからない。島のゴミはこれからも尽きることがないだろう。海から流れてくるゴミや、キャンプに来る人たちのポイ捨てによるゴミは、これからもなくなりそうにないからである。結局,一人ひとりの自覚の問題だろうと思った。


 
ページの先頭へ