新入社員体験研修/2002


タイ体験研修  自転車走行・子ども村

 
タイ体験研修

■研修の目的
新入社員が共に過ごす中で、連帯感・チームワークを強める。
困難な状況を乗り越えることによって、自信をつける。
養護施設子供村で子供たちと触れあい、人に思いやりの心を持てるようになる。
■スケジュール 
平成14年8月27日~9月3日

1日目 移動日
2日目 自転車走行 タンヤブリ~スパンブリ(約100km)
3日目 自転車走行 スパンブリ~カンチャナブリ(約140km)
4日目 自転車走行 カンチャナブリ~子供村学園(約40km)
5日目 子供村滞在 子供たちとレクリェーション
6日目 子供村出発
7日目 市内見聞、移動日

いざタイへ出発
タイ体験研修
自転車走行初日に、自転車の故障!?

タイ体験研修
ただただ、お尻が痛い・・・

タイ体験研修
地図を読むのにもひと苦労、タイ語は難しい!

タイ体験研修
体力を回復しなければ

タイ体験研修
あと、もうちょっとでゴール、あきらめずに頑張ろう!
タイ体験研修
ついに、ゴール子供村学園に到着

タイ体験研修
子供村のご飯。結構イケる?

タイ体験研修
子供たちの日課、沐浴に参加。

タイ体験研修 タイ体験研修
10 子供たちと一緒に折鶴に
挑戦!

タイ体験研修
11 割り箸と紙で飛行機を
作ろう!

タイ体験研修
12 研修を終え無事到着。
つらかったけど、達成感は
大きい!!

   

研修を終えて

1週間という短い期間の中で、自転車のトラブル、言葉の壁など、数え切れないアクシデントがありましたが、なんとか自分たちの力で乗り切ることができました。今後、日々の業務の中で壁にぶっつかった際に、この研修て得た大きな達成感と自信が、自分をベストな方向に導いてくれると思います。

タイの暑さはとても厳しく走行中何度も倒れそうになりましたが、得るものはとても大きかったです。自分一人ではこんな海外研修を思いつきもしなかったし、やり遂げることはできませんでした。苦労を共にした仲間に感謝します。

今回の研修では、「人の優しさ・思いやり」というものをもっとも感じました。新入社員同志、タイの現地の方たちの助けがなければやり遂げることができなかったと思います。このような体験は、人生の中で何度もできることではなく、貴重な体験をすることができました。

■ この研修では、計画、飛行機、ホテルなど、なんでも自分で決め行動していかなければならない状況でした。その中で私はなんでも自分でやることで、成し遂げた時の達成感また自分で計画することの楽しさを学びました。今までは、経験したことのないことについては腰が引けていましたが、研修を終えてからは、なんでもやってみようと思うようになり、何事も積極的に物事に取り組めるようになりました。
ページの先頭へ